山口ミルコ 元・熱血編集者が問う、働く女性たちと「平成」「婦人公論.jp」

2021年2月11日

ボスとの出会いから出版の世界へ
「ボスと彼女のものがたり」という副題で、2018年4月から『婦人公論』で連載していたものを書籍化しました。「会社と私」をテーマに、自分の編集者時代を振り返り、バブル時代のキャリアウーマンたちのインタビューを織り込んだノンフィクションです。働く女性の目から見た「平成史」を描くという、他にはない本になったと思います。

つづきはこちら→「婦人公論.jp」

『バブル』外伝 第12回「ASKAさん」

光文社WEB「本がすき。」にて「『バブル』外伝」連載

2020年12月02日 第12回「ASKAさん」
2020年11月25日 第11回「骨折・肺炎・海外出張」
2020年11月18日 第10回「鳥居ユキさん」
2020年11月11日 第9回「さくらももこさんと一泊二日」
2020年11月04日 第8回 「小田和正ドキュメント」
2020年10月28日 第7回「アレックスと私」
2020年10月21日 第6回「子連れ狼とツイッター」
2020年10月14日 第5回「ジャズ喫茶・木馬とロッキンチェア(新宿・歌舞伎町)」
2020年10月07日 第4回「谷村志穂さん」
2020年09月30日 第3回「編集者の仕事」
2020年09月23日 第2回「発売日」
2020年09月16日 第1回「見本日」

がんで見つけた「ほんとうに大切なもの」~山口ミルコさんがたどり着いた場所~

2019年09月26日

山口ミルコさんは、幻冬舎の編集者・プロデューサーとして活躍しながら、東京・六本木で暮らしていた。2009年春に43歳で退職した後に、乳がんの治療に入った。千葉県我孫子市の実家と六本木を行き来しながら治療を進めるうちに、だんだん、生き方が変わってゆく。省エネ生活になり、不要なもの、ほんとうに大切なものが見えてきた。今は、「心の平安を大切に生きていきたい」という。【日本対がん協会・中村智志】

本文はこちら
Medical Note 2019年09月26日
yahoo!ニュース 2019年10月15日